おじいちゃんが残してくれた言葉

 

 

僕が中学生の時に泣くなったじいちゃんがいる

 

じいちゃんが元気だった頃、

僕との会話の中で

 

こういち、死んだらな

なにも持っていけない

 

持っていけるのは思い出だけだぞ 

 

と言われたことがある

たしかにそう思う

人生何年生きれるか わからないけど

 

せっかく生かされた命

めいいっぱい楽しみたいし

いろんなことを体験したいし

一人ではなく いっぱいのみんなと喜び合いたい

 

生きている間に どれだけの思い出を作っていけるだろう

 

写真は、おじいちゃん残してくれた桜の木

毎年 素敵な桜を見せてくれます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です