サンティアゴ巡礼を終えて 今 感じること

今日、無事 ゴールのフィネステーラに着きました。

7月22日から歩き始め8月26日

36日間、毎日歩き続けました。

歩いた距離は、918キロ

平均25キロ歩いていました。

 

サンティアゴあとのムシアとフィネステーラの道のりは

長く、ピレーネ越えをしたときを思い出しました。

 

ゴールをしてから、

その日のうちに、今の気持ちを書きたいと思い

ブログに残しておこうと思い、感じていることをそのまま書きます。

 

まるちゃんが17年間、夢描いていた事を二人で

歩けた事がとても嬉しく、

ゴールした場所が岬で、フランスから歩き続けて来て

海を見れる事がとても嬉しく、

毎日、歩き続けた事を思い出し、

腰を下ろして、まるちゃんと話している時

感無量な気持ちになりました。

 

 

一歩ずつ歩き続けたら

いつか、ゴールがやってくる

 

 

夢を叶えるために

身近な人の夢を応援する事が

夢をより加速して実現する方法なのかもしれないと感じました。

身近とは、大切な人、家族、友達、仲間

 

ひとりでは、いつか限界がやってくる

自分の夢を語り、伝えていくことで

自分自身を知ってもらい、

伝えると同じくらい行動があると

さらに実現しやすくなる。

 

サンティアゴ巡礼を歩いていて

道端の花はいつもぼくたちを元気にしてくれる

太陽のおかげで、明るく歩ける

雨のおかげで、植物は喜ぶ

歩き続けることで、突然やってくる

自分自身の感情と話す時間があり

 

話し合い、自分自身が大丈夫になったとき

また一つ、新しい動きがやってくる

 

 

今日で最後だと思うと

気が抜け、ゴールしたあとのこのブログを書いている時

疲れとほっとした安心感からくる眠気がつよく

うとうとしながらも書きたいことがかける幸せ。

 

 

あたりまえのことが、どれだけ幸せで

ありがとうの気持ちでいっぱいになる

 

 

一人ひとりが素晴らしいと

今回もまた一つ体感を通して、記憶にのこりました。

 

☆一緒にサンティアゴ巡礼を歩いてくれたまるちゃん

ありがとう。

 

☆一緒にFacebookを通して、ブログを通してサンティアゴ巡礼を応援してくれたみんな

支えてくれたみんな

ありがとう。 ただ ただありがとうございますの気持ちでいっぱいです。